悟りのライフハック

nTechを活用し心を仕組みで整理するアラサーマインドームコーチの日々のマインド・ライフハックなことを発信♫ 映像や書籍、コミュニケーションのワークショップ等の主催イベント情報もお伝えしています☆

悟りのライフハック

    著者について
    NR JAPAN
    ちょっと遅めの朝活
    nGame

ハラスメントの原因は自分自身!?同じ悩みを繰り返さないために観るべきポイント

悟りを活用する教育、nTechで心スッキリ💖

新しい組織文化を創る、マインドームコーチのショーナカムラです😘

本日も当ブログにお越しいただきありがとうございます😍✨




あなたにとってハラスメントという言葉から連想されるのはどんなワードでしょうか?


以前でしたらセクハラで運用されることが多かったですね。


しかし、近年ではモラハラやマタハラというように数多くのハラスメントの概念が生まれています。


またLGBTという言葉も、90年代に生まれた比較的新しい言葉です。


セクシュアリティが体を基準とせず、男性や女性だからといって性的指向が決められるわけではない。


男・女だったら〇〇という常識、体の性機能に囚われることのない自由なIDを謳歌したい。


多くの種類に及ぶハラスメントやLGBTの広まりが象徴するのは、抑圧から解放されたい欲求の現れです。


関係性やセクシュアリティの抑圧から解放されるためには、抑圧そのものを作り上げる根本原因のアプローチが必要です。


では、どんな原因にアプローチをしたらいいのでしょうか⁉️


抑圧をつくるのは自分自身


観点・判断基準を手放すことが必要

なぜ抑圧が生まれるのでしょうか。


人によってハラスメントの概念やセクハラの程度が異なるように、人それぞれがハラスメントだと決めつける観点・判断基準を持っています。


この観点・判断基準が変わらない限り、どこへ行ってもハラスメント被害に遭い、自身のアイデンティティに対して不安を拭いさることはできません。


なので、観点・判断基準をリセットすることが必要です。


抑圧を作るのは常に自分の観点・判断基準

自分は〇〇な人間だ。

そういう風にして自分のことを思い込んでいることをアイデンティティと呼びます。


例えば、自分のセクシュアリティに関して堂々と打ち明けられる人と、誰にも言えないままずっと悩みを抱え込む人がいますよね。


その違いを作り出す最も大きな要因が、アイデンティティです。


“自分の表現を誰も受け取ってくれないのが自分”だと思い込んでいるとどうなるでしょう


本当は受け取って理解してくれる相手かもしれないのにも関わらず、自分の悩みや問題を言えないままになってしまいますね。


仮に伝えたとしても、コミュニケーションの中で

“受け取ってくれない”を探し続けることになる

ので、“やっぱり言ってもダメだった”という結論を自ら導くことになる。


結果として、誰も受け取ってくれない世界観によって自らの首を締めることになります。


セクシュアリティに関わらず、こうした現象はいろんなところで起こってますよね。


あなたは人間関係で、“どうせ”“ムダ”と感じることが日常でどれだけあるでしょうか。


そのような諦めの感情を抱くのも、自分は〇〇な人間なんだという観点・判断基準です。


ここが変わらない限り、ずっと同じ悩みを繰り返すことになりますね。


アイデンティティも自分で選択することができる

アイデンティティや観点・判断基準が変わることでどんな変化があるのでしょう。


すこし考えてみてくださいね。



あなたは『夜と霧』という書籍をご存知でしょうか?


アウシュヴィッツ強制収容所に入っていた精神分析学者が書かれた書籍です。


アウシュヴィッツといえば、凄惨な環境下で働かされ、残虐な実験のモルモットにされるなど、苛酷という言葉では言い表すことができないほどの歴史的事件ですね。


著者もその獄中でむごたらしい経験を積みますが、その中であってなお彼は“いつでも自分の意思で選択できる人間”というアイデンティティを決断しました。


どこにも自由がないような環境であってさえ、抑圧に屈することなく自らの自由意思で行動を選択する。


アイデンティティが変われば、抑圧も抑圧にならないということが言えますね。


アイデンティティや観点・判断基準が変われば、すべて自分で選択することができるようになるということです。




アイデンティティ、観点・判断基準によって、あらゆる問題が作られています。


歴史を引き合いに出しても、王制という抑圧への反発が民主主義を作り上げました。


今の時代は、情報が大量に溢れることで一人一人の判断基準が非常にシビアになっています。


シビアになるということはストライクゾーンの幅が狭いため、抑圧にたいして敏感に反応しやすくなります。


そのわかりやすい例が、多様な〇〇ハラスメントではないでしょうか。


自分自身の観点・判断基準をリセットできない限りは、どんどん生きづらくなっていくのが現代社会です。


この体が自分なんだというアイデンティティの規定から、すべての観点・判断基準は作られていきます。


それらを


オールリセットできる技術がnTech


であり、


あなたの人生の悩みの根本原因を明確に判明させるのが無意識エンジン発見セッションです。


あなた自身で作り上げている抑圧から解放させるためにも是非セッションを受けられてくださいね。


本日も最後までお読みいただきありがとうございました❣️


【LINE@はじめました】

セッションのご相談やお申し込みはこちらからでも受け付けております。

日常生活でご自身のマインドーム・判断基準が、どのようにして働いているのかを相談することも可能です🎁

お気軽にお問い合わせくださいね☺️💌📲

友だち追加


https://tayori.com/form/747e53e8b4f005d6c1337aab2c16bbe8349af4b7